SSLサーバ証明書の種類と選び方

MENU

ホームページのHTTPS化

検証され信頼できる運営者情報はありません

 

SSL化は現在、ホームページでクレジットカードで買い物したり、申し込みフォームで名前や住所、生年月日などの個人情報入力では必須の機能になります。

 

では、このSSL化するために必要なものが何かというと、それが「SSLサーバ証明書」になります。
このSSLサーバ証明書については幾つかの種類があり、タイプによって料金もかなり違います。「SSLサーバ証明書」の選び方についてご紹介します。

 

 

近年、ホームページのHTTPS化が一般的になりつつあります。

 

URLアドレスのドメイン前にhttps://といった、これまでとは違う「s」が付いていることに気が付かれるユーザーもいることでしょう。

 

検索エンジンアルゴリズムで代表的なGoogle(グーグル)もhttps化した検索結果を優先し上位表示することを表明しているように、今後ますますhttps化は重要なポイントになります。

 

自分のホームページではクレジットカードの利用もないし、個人情報の収集もしていなから、https化は必要ないと思っていると、検索結果で上位表示されずに悩むことになるでしょう。


https化するにはどうしたら良い

この「https化」するにはどうしたら良いのかといえば、前述の「SSLサーバー証明書」が必要になります。

 

このSSLサーバー証明書の発行にはドメインやサーバー費用の他に別途料金がかかります。

 

 

高いものだと、年間4万円から10万円以上するものも存在します。

 

 

格安サーバーの「さくらのレンタルサーバー」や「ロリポップ」では1500円程度。
高機能でありながら人気の「エックスサーバー」ではサーバー代にSSLサーバー証明書が含まれるため無料で利用が可能です。

 

 

法人の場合、SSLサーバー証明書を含めてサーバーの信用も大事なので、安価なものは微妙ですが、アフィリエイトやブログなどの個人利用のホームページなら安いSSLサーバー証明書でも充分。年間1000円から2000円のものでないと逆に出費がかさみすぎて大変です。

 

尚、レンタルサーバーならどこでもSSLサーバー証明書が使えるかというと、そうではないので、レンタルサーバー選びには注意が必要です。

 

 

特に、今後ますます、どんなホームページを運営していても、SSLサーバー証明書は必須項目になると思われるので、レンタルサーバーを決める際は、マルチドメイン機能や使用最大容量、年間利用金額だけで決めるのではなく、SSLサーバー証明書の対応の有無や価格も必ずチェックしておかないと努力が無駄になります。

 

 

というのも例えば、ウェブブラウザーのFirefoxでは、EVタイプ以外の証明書が導入されているサイトにSSL接続した場合、「検証され信頼できる運営者情報はありません」と表示される仕様となっています。

 

そのため運営者に組織情報を表示させたい場合は、EVタイプの証明書導入が必要です。

SSLサーバ証明書の3つのレベル

SSLサーバ証明書には主に3つの種類があります。SSLサーバ証明書は、認証局が、【サイト運営元の確認】を行い、認証した上で発行します。

 

確認する内容により、「ドメイン使用権のみ確認(ドメイン認証)」「ドメイン使用権と組織の法的実在性の確認(企業実在認証)」「ドメイン使用権と組織の法的・物理的実在性の確認 (Extended Validation)」の3つにレベル分けされています。

 

  1. ドメイン使用権と組織の法的・物理的実在性の確認 :EV(Extended Validation)
  2. 組織の企業実存認証:OV(Organization Validation)
  3. ドメイン認証:DV(Domain Validation)

 

 

最も簡単なのが、DVのドメイン認証です。

SSLサーバ証明書でユーザー保護

認証によりSSLサーバ証明書が発行されるとホームページ運営者の実在の有無等、身元確認がされます。また通信のやりとりが暗号化されるため個人情報が、通信途中で勝手に解析されるトラブルがなくなります。

 

ネット通販やショッピングサイトを利用する場合は、氏名や電話番号などの他、クレジットカード情報も入力するケースが多いため、暗号化通信は必要と思われます。では問い合わせフォームや会員登録などでは問題ないかと言えば、様々な個人情報をフォームに入力するため、暗号化によるSSLサーバ証明書の発行はユーザーからもGoogleなどの検索アルゴリズムでも必要ポイントとみなされることになるでしょう。

 

でも、SSL化はちょっと敷居が高いと感じるなら、まずドメイン使用権のみ確認をおこなう「ドメイン認証」から始めてみることをオススメします。

 

 

IPアドレスチェック・ドメイン年齢チェック ドメイン毎のIPアドレスを調査できる。さらに所有ドメインやライバルのドメインエイジが簡単に分かる

関連ページ

ムーバブルタイプのインストール設置について
ムーバブルタイプのインストール設置について。クラスCレベルでIP分散出来るレンタルサーバー。123サーバーを徹底評価レビュー!当サイト限定特典付き
123サーバーでおすすめのコースとプランは何?
よくあるご質問について。クラスCレベルでIP分散出来るレンタルサーバー。123サーバーを徹底評価レビュー!当サイト限定特典付き