インターネット回線接続とプロバイダーのプランの選び方

MENU

ネット回線で自宅の生産効率アップ

インターネットを使って最近では個人で起業する人が増えてきました。

 

そのためマンションやオフィスを借りる場合は通常、新たに通信インフラを整える必要がでてきます。

 

しかし、仕事のためにパソコンを使いこなすことができる人も電話回線や通信回線など仕事にネットビジネスに欠かせない通信インフラについて案外知らない人が多いものです。

 

Wifi、IPアドレス、WEP、アクセスポイント、MACアドレス、ルーターの設定も結構、大変です。

 

そのため、スマートフォンの契約だけで、ネット回線を引いていない個人の方も多いのですが、在宅で仕事をしたり、アフィリエイトで小遣い稼ぎしていたり、起業している場合には、そうもいきません。

 

ビジネスの場合、アイパッドやスマートフォンだけで仕事を効率的におこなうことは難しいからです。

 

生産性を上げるためにも、パソコンやルーター、プリンター、ネット回線などは最低限、必要となるものです。

スマホだけでネット使用は通信制限がかかりやすいの要注意

例えばプロバイダーを契約した後で「料金が高くて後悔した」、「契約内容が理解できなかった」、「業者に任せっきり」など・・・後悔する人も珍しくありません。

 

そのため別のプロバイダーに変更しようと思っても契約期間を理由に違約金が発生するため諦めて契約期間が終了するまで高い料金を払い続ける人もいます。

 

後悔しないためにもプロバイダーを選ぶ場合は必ず、プランを理解して工事費や初期設定を含めた費用を確認することが必要です。

 

また、スマートフォンは従量課金制になっていたり、データ使用量に上限設定があるケースがほとんどです。そのため、ある一定容量を使用すると、1週間とか別途料金を支払わないと、通信制限を受けて、回線速度が劇的に遅くなることが良くあります。

 

週休2日の場合や家族がいる場合には、スマホだけの契約で回線を使用するよりも、自宅にネット回線を引き、Wifiでルーター接続した方がお得になるケースがほとんどです。

スマホとネット回線の同時契約

さらにプランの月額料金の内容を確認しておくことも大事になります。インターネットには回線業者とは別にプロバイダーの契約が必要になってきます。ヤフーなどの一部の業者はプロバイダーと回線事業者が一緒の場合もありますが、通常は別々の契約になります。

 

一見プロバイダーの月額料金が安く表示されていても、回線の月額料金が加算されていなければ安いとは言えません。合計金額で考えないと、本当に安いのかどうか、自分が希望しているサービス内容になっているのか中々、分からないものです。

 

請求される料金が毎月一定額の場合と料金プランによっては「通信量がある一定を超えたら請求金額が高くなる」2段階制になる場合があります。
スマートフォンの契約などが、この2段階制の料金プランになります。

 

尚、スマートフォンの契約と自宅のインターネット契約を同時にすると割引で安くなるのが一般的です。ソフトバンクやAUなどが実施しているので、別々の契約になっている場合には損をしているケースが多いので要検討事項です。

 

パソコンのネット接続と利用形態

パソコンでのインターネットの接続方式には主に3つあります。

 

  1. 通信回線の種類にはケーブルを自宅やオフィスまで引いてルータから直接パソコンにケーブルを差し込んでインターネットに接続する有線接続方式
  2. 各地に設置されている基地局から無線を通して発信した情報を携帯端末からアクセスしてインターネットに接続する無線アクセスポイント方式
  3. ルーターまでは回線接続し、ノートパソコンやプリンターなどは無線化する無線接続方式

 

ルーターが無線化されていれば、スマホなどの携帯電話も、iPadなども無制限にネット接続可能です。

 

個別にそれぞれキャリアと契約すると、費用も馬鹿にならないので、クライアント端末はメインの携帯電話以外はキャリアとの契約せずに、ネット回線1つあれば、何台でもインターネット利用が可能になりお得です。

 

複数台のパソコンがあったり、子供が使わなくなったスマホやアイパッドなどを利用したい場合には、ネット回線契約をしていると便利です。

IPアドレスチェック・ドメイン年齢チェック ドメイン毎のIPアドレスを調査できる。さらに所有ドメインやライバルのドメインエイジが簡単に分かる